男女

初めての展示会出展|装飾や映像で効果的な認知度向上

最新の名刺管理ツール

ネットワークシステム

最新の名刺管理ツールを駆使することで大量に溜まった紙の名刺を迅速にデータ化することが可能になりました。データ化することによって大量にある名刺の中から探している名刺を即座に検索することが可能です。

この記事を読む

展示会施工業者のタイプ

オペレーター

展示会をするにあたってブースの作成は専門の施工業者に任せることになるかと思います。しかし、施工業者にも様々なタイプがありそれぞれ得意不得意が存在します。自社の理想のブースを得意として作成してくれる業者を選びましょう。

この記事を読む

ブース作成のAIDMA

女性

展示会でより集客効果とビジネス効果のあるブースを作成する際にAIDMAの法則を駆使してパネル装飾やレイアウトを設計することでより効果のあるブースを作成できます。

この記事を読む

初出展で押さえるポイント

専門ブース

企業の業績をあげるための手段の一つとして企業イベントである展示会にブースを出展するという手段があります。出展することによって会社の認知度をあげることや多くの企業との交流をはかることも可能となるのです。ここでは初めて展示会にブースを出展する場合に押さえておくべきポイントを書いていきます。
最初に確認すべきポイントはどういった目的で展示会に出展するのかを明確にしておくという点です。目標は大きく分けて5つに分けることができます。基本的な目的として会社の認知度の向上があり、この目標を達成することは各目標の中で1番簡単でしょう。次に会社で製作している商品やサービスの認知度向上です。これは会社の認知度をあげることよりもやや難しいですが、工夫により可能です。次に難しい目標として名刺獲得です。来場する他企業との接触というのはその接触が密であるほど難しくなります。名刺交換の次は商談、その次は契約といったような目標があります。こういった目標の中からどの基準までの目標を達成するかを明確化することによってブース作成の目処が立てられるでしょう。ブースの作成に関しては専門の業者に任せることで迅速に完成させることが可能です。専門業者とまずはパネルなどの装飾についてしっかり話し合いましょう。パネルなどの装飾は会社や会社の製品をアピールするのに必要な装飾です。パネルをより来場者に関心を持ってもらうことのできる装飾のデザインやカラーにすることによって認知度の向上をはかることができます。次に映像の活用です。通路をあるく来場者の目にとまるような位置にディスプレイを設置し、その映像の内容も会社や製品について分かり易く伝わるものでなければなりません。実物の商品の展示も大切です。実物を展示することによって来場者がその商品を手に取る可能性が高くなり、手に取ることによってコミュニケーションを取ることが容易になります。初めて展示会にブースを出展する際にはこういった点に注目して出展することでより高い業績を得られることができるでしょう。